Do not live to eat!

水槽立ち上げて5週間。ウミキノコを追加します。

水槽立ち上げて5週間が経過しました。
マメスナとスターポリプが入り、ついにサンゴにもデビューできました。
今のところ順調で病気になることもなく、なによりです。

マメスナスターポリプは近所の海水魚屋さんで購入しましたが、自転車で20-30分くらいのところにもう1件お店がありそうだったので、上の子を連れて、電動ママチャリで行ってきました。

勢いでウミキノコ購入

小さいお店でしたが、ちゃんとありました。
頑張って自転車漕いだかいがあった。

魚はあまりいませんでしたが、キイロハギとパウダーブルーがいました。
現在餌付け中ということで冷凍餌をあげてましたが、「ハギは肋骨が浮いてないようなやつを選ぶと、餌食いもいいから丈夫だよ」と、気さくにアドバイスくれる良い店長さんでした。

サンゴは結構在庫が多くて、沖縄産のスターポリプとかウミキノコなどのソフトコーラルから、ナガレハナサンゴやタコアシ、ミズタマなどのLPS、ハタゴイソギンチャクもいましたね。
しかも価格は結構リーズナブルでした。
店長さんは水槽を設置したりする業者の方で、余った魚とかサンゴを置いておける拠点を作りたかったらしく、なんなら店にしてしまおうということで、このお店を作ったみたいです。
業者さんなので、ある程度まとまって仕入れるため、価格も安いんだとか。

うちにあるスターポリプと、お店にあった沖縄産スターポリプが全然違うことに驚きました。
お店にあったスターポリプは刈り込まれた芝生みたいな感じで、黄緑色の短いポリプでとーっても綺麗でした。
店長さん曰く、沖縄産のスターポリプはこんな感じになるそうで、ベトナムとかだともっとポリプが長くなるんだとか。
うちにあるのは、ベトナム寄りってことみたいです。

で、しばらく水槽の中のサンゴをいろいろ覗いてました。
どれならカクレクマノミが入ってくれるかな−とずっと前から考えてましたが、オオウミキノコが形的にハタゴっぽくていいのかなと思って、探していました。
そのオオウミキノコがこちらのお店にもあったのですが、傘の大きさが25cmくらいあり、うちの60cm水槽にはちょっと大きすぎるサイズだったので、断念しました。

でも、ふつうのウミキノコもたくさん在庫があって、しかもどれでも1500円という安さ!
もはや、カクレクマノミが入ろうが入るまいが関係ないということで、普通のウミキノコで即決しました。

ウミキノコを設置

帰りもひたすら自転車をこいで帰宅。
すぐにウミキノコを入れる準備に取り掛かります。
今回もドボンでいいかなということで、特に温度合わせとかせずに入れちゃいました。

購入したウミキノコは小さめのライブロックから生えていたので、ライブロックの隙間にウミキノコのライブロックを挟む感じで設置しました。
これならヤドカリにも落とされないはず。
↓は入海直後の写真です。
ポリプが出ていないとほんとただのキノコ(エリンギ)です。
ウミキノコ1
ウミキノコ2

で少しすると、ポリプが伸びてきました。
ウミキノコ3
ウミキノコ4

さらに1時間くらいすると先っぽに白い2次ポリプも出てきました。
花が咲いたようにとっても綺麗です。
ウミキノコ5
ウミキノコ6

とまぁ、こんな感じで急遽ウミキノコを追加することになりましたが、2次ポリプまで咲くと本当に綺麗です。
マメスナとスターポリプは緑色だったので、ウミキノコの白が入ったことで、水槽がだいぶ華やかになりました。

Let's share this article!