Do not live to eat!

パウダーブルータンを追加しました

こんにちは。
前回ハタタテハゼとアカネハナゴイを水槽に追加しましたが、やっぱりまだまだ寂しいので、翌日は近所の海水魚屋さんに行ってきました。
初心者あるあるの生体追加したい病かもしれません。

パウダーブルータンとの出会い

水槽を立ち上げて3ヶ月経過したので、そろそろハギ系も追加してもいいのでは?と思っています。
というか、元々入れたかったので、もう早く入れたくて仕方ありませんでした。

そもそもなんでハギなのかなのですが、大きめの魚を入れたいなとは思っていたものの、チョウチョウウオやヤッコ系はポリプを食べてしまうらしく、まずは無難にハギからと思っていました。
単にそれだけの理由なので、ポリプ食べないような種類がいれば今後チョウチョウウオやヤッコにもチャレンジしていきたいと思っています。

で、お店に着いて物色していると、ハギは2種類いて、15cmくらいのナンヨウハギと7,8cmくらいのパウダーブルータンでした。
ナンヨウハギは娘からも熱望されていましたが、お店にいたのはちょっと60cm水槽には大きいサイズだったのと、やはり映画の影響でメジャーになり過ぎてしまったので、僕的にはもうちょっと違うのがいいなーというのがありました。
パウダーブルータンは世間的にはそんなに有名でないですし、サイズ的にもうちの水槽にぴったりでした。(値段も2980円だったので、ナンヨウハギの半分以下です)
しかも、お店に来てから1ヶ月くらい経過しているらしく、エサもしっかり食べるとのことで安心できたので、パウダーブルータンに決めました。

パウダーブルータンを水槽に追加

早速家に帰り、いつもどおり温度合わせの後、水合わせ無しで水槽にいれました。
今回は温度合わせ中の写真が無いので、水槽に導入後からになります。

まずは、ちょっと暗いですが、パウダーブルータンの全体写真です。
目がくりっとしてて、「あ、こっち見てるな」っていうのがわかりやすいです。
ものすごくこちらを警戒して見ているような感じがすぐわかるので面白いですね。
尻尾の黄色も綺麗です。
パウダーブルータン1

通ってほしかった、ライブロックのトンネル (ただの隙間) も泳いでくれました。
予想以上に泳ぎ回っていて、水槽内をくまなくチェックしているみたいです。
パウダーブルー2

ちょっとピントがあれですが、ハタタテハゼとカクレクマノミとの3ショットです。
パウダーブルー3

なんか1匹泳ぎ回る魚が増えただけで、だいぶ水槽内の雰囲気も変わりました。
いい意味でかき回されているというか、ハタタテハゼもカクレクマノミも1箇所にとどまることが多いのですが、多少動き回るようになっています。

で、この日の夜は普通にいつも通りエサをあげました。
が、パウダーブルータンがめちゃめちゃ食べるんです。お前、食いすぎやろってくらいに。
隠れてるアケボノハゼまでエサが回らなそうなので、食べきれないくらいエサを多めするしか無く、水質が気になりますね。
しばらくは水換えもこまめにやってくしか無さそうです。

最後に水槽全景です。
いつもどおりiPhoneで撮影しましたが、モードをちょこっといじったらいい具合に撮れました。
写真ももう少し綺麗に撮れるようになっていきたいですね。
水槽全景

Let's share this article!