Do not live to eat!

パウダーブルータンを追加

先日、近所の海水魚屋さんに小さめのパウダーブルータンを入荷したという情報を聞きつけて、即決してきました。
パウダーブルータンは以前にも飼ったことがあって、こちらの記事でも書いていましたが、年始あたりに水槽崩壊してアケボノハゼ以外全滅してしまった時に、このパウダーブルータンを亡くしてしまったんですよね。
ほんとかわいらしい魚でいつかもう一度飼いたいなと思ってたのですが、ようやく小さめが見つかったので購入に至りました。

パウダーブルータンの紹介

今回購入したのは7cmくらいのパウダーブルータンです。
パウダーブルータン

前回のも10cm無かったと思うのですが、今回はさらに小さいサイズです。
長さ的にはケラマハナダイと同じか、それより小さいですね。
60cm水槽なので、なるべく小さい方がいい、というか小さくないと飼えないなと思っていたのでずーっと小さいサイズを探していたのですが、10cm下回るサイズのはなかな見つからず、、、
ようやく見つけた貴重な1匹です。

パウダーブルータン

ハギ系はほんと仕草が可愛いんですよね。
目もきょろきょろして、こっちの様子を伺ってるなーっていうのがわかるし、水槽内もたくさん泳ぎ回って活発だし、スキあらばマガキガイの貝殻をツンツンして苔を食べてたりします。
そして、このおちょぼ口も可愛らしい。
パウダーブルータン

今回飼ったパウダーブルータンは黄色いヒレの発色が本当に綺麗です。
パウダーブルータン

そういえば、ハギは草食なんですよね。
うちにはメガバイトレッドしかないんだけど、まぁ食べてるしこれでいいのかな。
たぶん、このきれいな発色を維持するためには、普段食べている海藻系の餌のほうがいいんだろうな。
様子を見て買おうと思います。

でも、うちにはたっぷり緑苔生えてるんですよね。
パウダーブルータン

この左上のウィスカーズコーラルの手前にもしゃもしゃしたのが見えますかね?
あれ、食べてほしいんだけどなー、全然見向きもしないw

調べてみたら、もしゃもしゃ生えてしまっているのはあんまり好きじゃないみたいで、生え始めのやつが好きらしい。
ちぎっておくと、いつのまにやら食べてくれるらしいので、できる限りちぎっておきました。
もしゃもしゃの中から、小さいクモヒトデが2,3匹出てきてビビりましたが、ちぎったらたまにツンツンしに来てくれました!
これでもしゃもしゃ撲滅できると嬉しい。

というわけで久しぶりの生体ですが、今の所白点が出ている様子もないし、餌もパクパク食べているので大丈夫そう。
今度は長期飼育できるようにがんばります。

Let's share this article!