Do not live to eat!

今後の水槽の行先を考えてみる

水槽が崩壊して2週間が経過しました。
週一ペースで水換えはしていますが、その後もアケボノハゼは元気に育っています。
今まで隠れキャラでしたが、きっとボスキャラに育ってくれることでしょう。

水槽崩壊の始まりはこちらで書いたとおり、パウダーブルータンの皮膚ボロボロ病(トリコディナ?)が始まりでしたが、魚達を大方落としてしまった後にいつもの試験紙で測ってみたら、結構硝酸塩濃度が高い状態でした。
硝酸塩濃度が高かったのが病気の一因だったのかもしれません。
しかしこの試験紙、何かと役に立ちます。

あ、それでですね、硝酸塩濃度が高かったのですが、水換えしないで2週間くらいだったんですよね。
うちは一応海道河童をプロテインスキマーとして使っているのですが、ハズレを引いてしまったのか、使い方が悪いのか泡上がりが悪く、全然プロテインスキマーとしての役割を果してくれていないように感じます。
なので、硝酸塩濃度もあんなに上がっちゃうのかなーと。

他にも改善しなきゃなといろいろと思うところもあったので、今日は今後の水槽をどんな風にしていくか考えてみたことを書いていこうかと思います。

底砂について

前回も書きましたが、試験紙で確認する限り、CaやpHなどが低く、水質的に安定していないようでした。

SPSはたぶん外部フィルターなので飼えないかなとは思ってますが、LPSは今後もっと増やしていきたいので、pHなどはもう少し高い値にはしたいなと。
ミネラル大事。

いろいろ調べたところ、一番簡単なのは、アラゴナイトサンドを使うことだということを学びました。
アラゴナイトという砂からミネラルや微量元素が溶け出すので、水質が安定するらしいです。

そういえば、こちらの記事で作ったライブロックスタンドもちゃんと設置したいしなーと思ってました。
設置するなら、一旦底砂抜かなければと。

それに、イエローヘッドジョーを飼ってみたいなと思ってもいました。

砂を掘る魚なので、買うならちゃんと厚く敷く必要がありますし、砂のサイズもいろいろ混ぜたりしなければいけない。

魚が少ない状態は一気に環境を変えるチャンスでもあるなと思いました。

そう思ったら、早速アラゴナイトサンドを調べてました。
C.P.Farmのも結構評判が良さそうでした。
でも送料も考えるとちょっと高かったな。

他にはRedSeaのライブリーフサンドのピンク。
これはライブサンドのものと、普通のライブじゃないやつがあるみたいですが、これも評価高そうでした。

他にも、イエローヘッドジョー買うなら、少し大きめの底砂とかも入れたほうがいいよなーとか。

うん、やっぱり理想を妄想するのは楽しい。
底砂はまずは変えたいものですね。

ライブロックについて

そう思ったら、いろいろどうにかしたいものがあるなと思いました。

例えば、あのアホみたいにデカい塊ライブロック。
コレ自体が悪いわけではないですが、60cm規格水槽にはでか過ぎます。
小さい水槽が余計に狭く感じるので、もっと圧迫感が少なくて、かつサンゴも配置しやすいような環境にしたいと思っていました。

例えば、こんな感じの枝状のやつを組み合わせて、ところどころ差し込める穴があればバッチリです。

それにあの塊ライブロックにはシャコもいるので、この機会に捨ててしまおうかな。
そして、新しいライブロックを入れよう。

プロテインスキマー

機材回りだと、まずは冒頭でも触れたプロテインスキマーですね。
もっとしっかり汚れを取ってくれるやつがいいです。
エアーリフト式ではなくて、ベンチュリー式。

ただ、サンプはないので、外掛けのやつしか設置できません。
なので、海道達磨かQQ1の2択ですね。
どっちも2万円くらいですかね。
うーむ。。。

照明

前から書いてますが、やっぱりGrassyLeDioRX122が1灯だと暗いですね。
水槽の半分くらいは暗いので、半分しかサンゴも飼育できないでしょう。

水槽を最大限使うには、もう1コGrassyLeDioを買うか、
お金さえあればコレがほしい!

とまぁ、ほとんど妄想でしたが、ちょっと真面目に考えたいと思います。
あー、楽しかった。

Let's share this article!