Do not live to eat!

水槽のフタの飛び出し対策#3

お気に入りだったパーリージョーフィッシュが、またもや飛び出しで死んでしまいました。
パーリージョーフィッシュ

こちらの記事で書いたとおり、ジョーフィッシュのために新しく、前回よりもまともなフタを作ったのですが、そう思っていたのは僕だけだったようです。

しかし、新しいフタを作るのも結構体力がいるので、小改造でどうにかならないかと思い、ひとまず100均に行ってきました。

水槽フタを小改造し、ver2.2へ

今回は、いつものダイソーではなく、Seriaに行ってきました。
そこで見つけたのが、こちらの園芸用のネット。
鉢の底に敷いて軽石とかが出ないようにするあれです。
飛び出し対策で使う園芸用ネット

そしてこれが現状の海道河童周り。
ちょっと見にくいのですが、1cm無いくらいの隙間が全体的に空いています。
多少フタを後ろ側に寄せればもう少し狭くなりますが、最大でこれくらい空いてしまう感じです。
海道河童周り

この隙間を、先程購入した園芸用ネットで埋めていきます。
園芸用ネットはハサミでちょきちょき切れるので、飛び出しの可能性がある箇所に合ったサイズに切って、セロテープでくっつけちゃいます。

海道河童の前面はこんな感じ。
パイプの部分だけ飛び出しているので、ここは切れ目を入れておきました。
海道河童周りの飛び出し対策

側面は、カバー部分だけ飛び出ていて、本体は少し奥まった形状になっているので、横にもネットを付けておきます。
海道河童周りの飛び出し対策

それから、外部フィルターのエーハイム2213のパイプ部分も一応、ネットを付けておきます。
ここも切れ目などを入れて設置しました。
エーハイム2213周りの飛び出し対策

ひとまず、これで穴という穴は塞げたかなと思います。
後はまたイエローヘッドジョーかパーリージョーを迎え入れるだけ。

ユビワサンゴヤドカリの脱皮

そういえば、久しぶりにユビワサンゴヤドカリが脱皮しました。
ユビワサンゴヤドカリの脱皮

そろそろ鞍替えなのかな。
だいぶ大きくなった気がします。
一応、まだ大きめの貝殻は入れてあるので時がくれば引っ越ししてくれると思います。
ユビワサンゴヤドカリの脱皮

Let's share this article!