Do not live to eat!

ハタタテハゼとアカネハナゴイ

ここのところ、アケボノハゼを追加したり、サンゴを追加したりして、前よりだいぶ水槽が賑やかになりました。

と、言いたいところなのですが、
あいかわらずアケボノハゼはライブロックしたから出てこないので、まだまだ寂しい感じではあります。
なので、何か追加していきたいなと。

何の魚を追加しましょう

これを考えている時が最近一番楽しいかもしれません。

で、まず最初に考えたのが、どうやったらアケボノハゼがライブロックの下から出てきて、泳いでくれるかということ。
せっかく入れたのに、エサのときにちょこっとしか出てこないのは残念なので調べてみました。

アケボノハゼは結構臆病な性格にも関わらず、縄張り意識も高めなので、同種混泳もちょっと難しいというのをどこかで読みました。
なので、アケボノハゼを買うときも2匹ではなくて1匹にしたのですが、いろいろ調べてみるとアケボノハゼを複数飼っているような情報は見当たらなかったのですが、パープルファイヤーゴビーと同じ水槽に入れたら一緒に泳いでたというものだったり、ハタタテハゼと一緒にしたら出てきて泳ぐようになりました!みたいなものがいくつか見つかりました。
これは、もしかしたら同種を入れれば出てくるようになるのかも。

ということで、同系種を入れるべく、またまた新宿のパウパウアクアガーデンに行ってきました。

ハタタテハゼに決めました

さて、新宿3丁目に着きました。
前回いたアケボノハゼはもうおらず、売れてしまったようです。

で、入り口近くのキレイな水槽の中に、パープルファイヤーゴビーが入っているのを見つけました。
薄紫のグラデーションが、アケボノハゼのものとも違い、すごく綺麗です。
しかし、ちょっと僕の小遣いではどうにもならない価格だったので、諦めることに。
1万円超える生体って、初心者には踏ん切りが付かないですね。
ちなみにこんなやつです。

で、奥の海水魚コーナーへ。
行ってみると、いました、ハタタテハゼ
こいつはこいつで可愛らしいですね。値段もリーズナブル。
ちょうど、ハゼ系20%OFFセールもやっていたので、こいつに即決です。
(もともと1000円しないくらいなので、割引無くても決めてましたがw)

で、どうせなら、もう1匹くらい買っていきたいなと思い、他の水槽も覗いてみると、ピンク色の魚が目に止まりました。
現状、うちの水槽の中にあるサンゴはグリーンばっかりなので、差し色でピンクが欲しいなと思っていたのでちょうどいいなと。
名前はアカネハナゴイという魚で、群れで泳ぐ種類みたいです。
が、小さい水槽なのでそんなにたくさん飼えないしなーと思い、1匹だけ購入することにしました。

ハタタテハゼとアカネハナゴイを水槽に投入

家に帰り、早速温度合わせからやっていきます。
//ハタタテハゼ
温度合わせ中のハタタテハゼ

// アカネハナゴイ
温度合わせ中のアカネハナゴイ

ちょっと寒い日だったので、いつもより気持ち長めの2時間弱ほど温度合わせしましたが、いつもどおり水合わせはせずにそのまま入れちゃいました。
今のところ何も問題はないのですが、新しい魚を入れるときって、結局どうするのがベターなんですかね。

こちらが、水槽に投入直後のハタタテハゼです。
アケボノハゼよりも “ハタ” が立ってます。
尻尾のほうの赤も鮮やかですが、目の辺りの紫もきれいですね。
ハタタテハゼ1

ハタタテハゼ2

ハタタテハゼ3

ハタタテハゼは隠れずに、普通に泳いでくれています。
コレが一番求めていた姿。
うしろに娘とかティッシュの箱とか写り込んでますが、お気になさらず。
ハタタテハゼとカクレクマノミ

一方、アカネハナゴイはというと。。。
水槽に隠れるアカネハナゴイ

ライブロックの裏側のヒーター下辺りでじーっとしています。
うーん、こいつも臆病なのかな。
ちゃんと馴染んでエサを食べてくれればいいのですが、ちょっと様子見ですね。

で、アケボノハゼはというと、相変わらず出てきませんが、こちらももう少し様子を見てみましょう。
今回はここまで。

Let's share this article!