Do not live to eat!

自作の背面ろ過水槽を立ち上げて1ヶ月。茶苔と白いコケが生える。

ゴールデンウィークに新水槽を立ち上げて、約1ヶ月経過しました。
(水槽立ち上げ時の記事は こちら から)

この1ヶ月は特に大きな変化というのはなかったのですが、残念ながらクロナマコが溶けてしまった事件が発生しました。

クロナマコが溶けた事件

クロナマコは前の水槽のときに こちらの記事 で書いていましたが、以前からだいぶ調子が悪く、小さくなる一方でした。
新水槽立ち上げが完了する頃には、すでに 1.5〜 2cm くらいまで縮んでしまっていて、そのままという感じです。

もしかしたら新水槽に移した時にはもう死んでしまっていたのかもしれませんが、動かない状態のナマコが生きているのか死んでいるのか判断するのはなかなか難しく、実際にどうだったのかはよくわかりません。
結局新水槽に移した後に、文字通り “溶けて” しまい、ナマコの形を維持できていない状態だったので、水槽から出しました。

これで本当に海水水槽を始めたときに買ったメンバーは、マガキガイとセグロサンゴヤドカリだけになってしまいました。
最初からほとんど砂を掃除しないで、水槽のガラス面を登ってばかりのクロナマコでしたが、いなくなってみるとなかなか悲しいものです。。

ライブロックに茶苔が生える

1ヶ月も経過すると、真っ白だった擬岩(デスロックとライブロックレプリカで作成)に茶コケらしきものが付き始めました。

デスロックに生えた茶コケ
擬岩に生え始めた茶苔(茶ゴケ)

擬岩は真っ白できれいだったのに、残念です。
RO水ではなく水道水を使っているのもあるかもしれませんが、まだバクテリアが増えきっておらず、完全に立ち上がっていないせいというのもあるのかもしれません。

ただ、ふわふわした感じではないので、普通のいわゆる茶ゴケとは違うものなのかもしません。
歯ブラシで少しこすってみましたが、この茶色いのは取れなかった。

白いふわふわのコケも生え始める

さらに1,2週間くらいすると、今度は白っぽいフワフワしたコケも生えてきました。

デスロックに生えた白いふわふわのコケ
擬岩のまわりに生える、白くて短いフワフワしたコケ
デスロックに生えた白いふわふわのコケ
こちらもフサフサに生えています

このタイプのコケは今までで初めて見た気がします。
これも歯ブラシでこすってみたのですが、全然取れませんでした。

白いので汚らしい感じではないのですが、まわりに酸素らしき泡がつくので、結構目につきます。

ネットで調べてみると、この白いコケはマガキガイが食べてくれるみたいなのですが、このライブロックに登ってこれるマガキガイは今はいません。
少し小さめのマガキガイを買い足すか悩みどころですが、悩ましいところです。

ちなみに、エメラルドグリーンクラブはこの白いコケは全然食べないようです。
以前は大量発生していた緑ゴケも、今は全く生えてこないので、食べ物が少ないせいか、普通の粒エサをあげるとエメラルドグリーンクラブも活発に動いて出てくるほどです。

なんだか見ていてかわいそうなので、エメラルドグリーンクラブとセグロサンゴヤドカリには、2週間に一回くらい乾燥クリルをあげるようにしています。
(以前にハコフグにあげるために買った、乾燥クリルが大量にあまっているので)
結構好きみたいで、飛びついて食べています。

クリルを食べるセグロ サンゴヤドカリ
体勢そっちのけで乾燥クリルを頬張るセグロサンゴヤドカリ

コケはだいぶ増えてきた印象ではありますが、見つけてから 1,2 週間程度なので、もう少し様子見して、全然減らないようであれば、なにか対策を考えようかなと思います。

コーラルレンズキットを購入

このブログにアップしている写真はみんな iPhone8 Plus で撮ったものなのですが、結構青飛びしてしまうので、コーラルレンズを買ってみました。
(iPhone のカメラって暗いところとかも弱いんですよね。。。)

買ってから気づいたのですが、コーラルレンズには2種類あるようで、1つは ZOOX という MMC企画が販売しているもので、もう1つは LSS 研究所が取り扱っているものです。

私が購入したのは LSS 研究所が取り扱っている方でした。

コーラルレンズ
購入したLSSのコーラルレンズキット

購入する前に調べていたときは ZOOX の方を見ていたのですが、実際にコーラルレンズが届いたときに見ての通りで、箱に入っていなかったので、一瞬騙されたかと思いました。
(LSS の方はビニールに入っているだけなので、梱包は簡素です)

内容は見たまんまですが、レンズを取り付ける本体と、オレンジレンズ、ズームレンズに、レンズケースとレンズキャップが着いています。
使い方を間違えようもないですが、特に説明書などは入っていませんでした。

LSSのコーラルレンズ
LSSのコーラルレンズキットの中身

僕が使っている iPhone8 Plus のカメラは横並びのデュアルレンズ (レンズが2つ) なのですが、このコーラルレンズキットではちゃんと2つのレンズが収まるようになっているので、他のデュアルレンズのスマホでもきっと使えると思います。

実際に使ってみると、こんな感じです。
(比較しようと思って撮った写真じゃないので、微妙に角度が違くてすみません。ただ、だいたいこんな感じで撮れます)

コーラルレンズキット
コーラルレンズ無し
コーラルレンズ(オレンジレンズ)有り

どちらも同じ iPhone8 Plus で撮影していて、特に画像の加工はしていませんが、見ての通り全然違います。

が、コーラルレンズを使った場合、目で見える色と同じになっているかというとそんなことは無くて、うちのライトはわりと青い色(Grassy Ledio RX122c Coral を使ってます)なのですが、青っぽさは全く無くなっています。
きっと白っぽい照明を使ったらこの写真の用になるんじゃないかという感じ。

はっきりキレイに撮れるのはとてもいいのですが、サンゴの微妙な色合いとかはやはりうまく表現できないのかもしれません。
あと、ズームレンズもいまいち使い所がわからずで、iPhone側でズームしても同じような写真になります。
iPhone ズーム+ズームレンズだとピンぼけしちゃうので、僕はほとんど使ってません。

実はこのコーラルレンズ、相当前に買っていたのですが、前の水槽の底砂のコケがひどく、コーラルレンズを使うとそのコケの汚さがより一層増すので全然使っていませんでした。
新水槽になって砂が白くなったので、ようやく出番になったという感じです。

コーラルレンズ
前の水槽で撮った写真。底砂がコケまみれだったので砂利を敷いているみたい

ZOOX の方はまた違った色合いで映るのかな?
コーラルレンズを検討している方の参考になったら幸いです。

Let's share this article!