Do not live to eat!

白点病治療のために隔離

前回のブログでカクレクマノミの白点病治療のために、いろいろやり始めたことを書きました。
これを1週間くらい続けてみたのですが、餌はパクパク食べて元気ではあるものの、体表の白っぽい感じは完全に取れずでした。
カクレクマノミの白点

ここまで、オキシドールを使った治療を2週間近くやったのですが、心なしか水槽のガラス面に茶コケがすぐにつくなーという気がします。
もしかしたら、オキシドールのせいでバクテリアもそこそこ殺してしまったかも。。。
真偽のほどはわからないですが、このまま水槽内で治療し続けても平行線な気がしたので、戦略を変えることに。

白点病の治療方法の再検討

これまでの白点病の治療では、以下を意識してやっていました。

  • カクレクマノミ自身は、ブラインシュリンプをたらふく食べて元気いっぱい。自然治癒を狙う
  • オキシドールで可能な限り白点虫を退治
  • こまめに換水をして、白点虫を水槽外に排出

この効果もあったのか、当初白点になってブラインシュリンプを与えだしたら白点病が治ったケラマハナダイ達も、その後再発することはありませんでした。
しかし、元気になりすぎたせいか、ブラインシュリンプ食べられまくってしまい、カクレクマノミに行き渡る量が少ないんですよね。
さらに、謎にカクレクマノミに寄り添おうとする(ぴったり密着するくらい)ケラマハナダイが1匹いて、それがストレスなんじゃないかなとも思います。

冒頭で書いたとおり、オキシドールと水槽内のバクテリアの関係も気になるところもあり、この後の治療といったら薬浴くらいしか無いので、ひとまず隔離することにします。
ただ、これまでの治療でたぶん白点病自体はほぼ治まっているようには見えていて、うっすら皮膚が白っちゃけている感じなだけ(点ではないんだけど、これも白点なんだろうか)なので、今の所は薬浴治療は考えてないです。
ひとまず隔離して同じ治療を続けて、様子を見ようとかな。

カクレクマノミの隔離

さて、クマノミを何に隔離しようかなというところからのスタート。
初めての隔離なので、特に設備がうちにはありません。
バケツで隔離するのもありだったのですが、その辺にバケツを置いておいたら、いつチビ達にひっくり返されるかわかったものではないので、小さめの水槽を用意して、カウンターの上にでも置こうかなと思います。

というわけで、近所のホームセンター(ホーマック)のペット売り場に行ってみたら、いいのを見つけました。
こちらです。
カクレクマノミ隔離用水槽

これ、プラスチック水槽なのですが、エアーポンプとか水槽内のろ過装置とかもろもろ付いて、税込み1200円くらいでした。
プライベートブランドかと思いきや、何気にGEX。
しかも蓋も付いてます!
これなら隔離中の飛び出し防止にもなるので、安心ですね。
水量は10L。

特に付属のエアーポンプとかろ過を使う予定はないので、水槽だけ軽く水で洗って設置。
一緒に人工海水も作って、予め水槽に入れておきます。
水槽内には以前海道河童の時に使ってた水心のエアーポンプでエアレーションとヒーターを入れておきます。
特にろ過装置は使いません。

そして、難関のカクレクマノミの捕獲です。
難関といっても、単に僕が苦手なだけですが。。。
ネットでいろいろ調べて、簡単に捕まえられるという方法を試してみることに。

夜に部屋を真っ暗にして少ししてから、静かーに忍び寄ったら、一発で捕まえられました。
というわけで、こちら、隔離後の写真です。
隔離後のカクレクマノミ

今後の治療について

上に書いたとおりなのですが、ひとまずしばらくはこれまでと同じ治療をやろうと思っています。
引き続き、冷凍ブラインシュリンプを与えて、オキシドールもこちらで書いた通りの分量(今回だと7Lくらいの水量なので、1mlくらいかな)を添加します。
カクレクマノミしか水槽内にいないので、スポイトから1匹だけブラインシュリンプを出すとパクっと食べに来てくれます。
とても愛らしい。

ただ、ろ過装置は一切付けていないため、毎日ほぼ全量の換水を行います。
これで1週間くらい様子見して、ふっくら太ってくれたら退院でいいかなと思っています。
早く元気になっておくれ。

Let's share this article!