Do not live to eat!

マメスナのフラグ化

この間、こちらの記事 で書きましたが、シロスジウミアザミとスターポリプをフラグ化しました。
同じ要領で、今回はマメスナギンチャク(2種類)のフラグを作ってみました。

まずはピンクのマメスナのフラグ化

最初はピンクのマメスナをフラグ化していきます。
と言っても、勝手に千切れちゃったみたいで、前回と同様に既に落っこちています。

真ん中が今回のフラグ化対象。手前は親株です。

こちらが取り出して撮った写真です。
今回はまだサンゴ砂とかに活着していたわけではないので、マメスナだけです。

5ポリプくらい付いてます。
裏側。今回はサンゴ石などは付いていません。

サンゴ石に活着していないのでどうするかちょっと悩んだのですが、ダメ元で、前回と同じように100均の瞬間接着剤でくっつけてみました。
接着先は今回もこちらのZOOXのフラグ。

瞬間接着剤(ゼリータイプ)を付けて
ぽんと置いて、接着。

ソフトコーラルだと、瞬間接着剤で付けても自切りして外れてしまうみたいなので、ちょっとうまく行くかわかりませんが、このまま水槽に入れてみます。

今回も底砂にぶっ刺しました。

そしてこちらが、翌日のマメスナ。
しっかり開いているし、フラグからも外れていないのでひとまず大丈夫そうです。

翌日からしっかり開いてくれました

続いて緑のマメスナのフラグ化

続いてはこちらの緑のマメスナのフラグを作っていきます。
水槽に入れてから1年くらい経過して、だいぶポリプの数が減ってしまった感じがするのですが、どうにか復活してほしいところ。

緑色のマメスナ。フチが蛍光イエローなところがお気に入り。

今回はポリプは散らかっていないので、一部をカッターで切断しました。
活着しているライブロックがわりともろいので、ライブロックも一緒に取れました。

切り取ったマメスナのポリプ

これをピンクマメスナと同じように瞬間接着剤を使って、プラグに接着します。

水槽に入れた直後からポリプが咲いていました

次の日にはポリプも全開だったので大丈夫そうです。

ポリプ全開のマメスナギンチャク

しかし、その後しばらくして、マガキガイが上に乗っかったりするもんだから、最初は中央に接着していたマメスナも、プラグの端っこでどうにか接着されている状態になってしまいました。
↓の写真はズレた後ですが、この後さらに端っこになってしまいました。
やはり底砂に直挿しだとこうなりますよね。。。

ひとまずこれでマメスナのフラグ化も終わり。
ポリプ消滅せずに、もりもり成長してもらいたいものです。

Let's share this article!