Do not live to eat!

シロスジウミアザミとスターポリプのフラグを作成

だいぶ前にエメラルドグリーンクラブにちょん切られ行方不明だったシロスジウミアザミがすきまに落っこちてるのが見つかり、置き場所もないのでそのまま底砂の上に置いたままにしていました。

ただ、通りがかるマガキガイやヤドカリになぎ倒されまくっていて可愛そうだったので、フラグにつけて固定することにしました。

ついでと言ってはなんですが、千切れたスターポリプも落っこちていたので、こいつもフラグにくっつけてみようと思います。

千切れていたスターポリプ

フラグ作成に使用するプラグの紹介

そもそも “フラグ” と “プラグ” の用語の使い方があっているのかわからないのですが、土台的なあれはプラグだと思っています。

正直、フラグを作成するのは今回が始めてなので、プラグの良し悪しなんかはよくわからないのですが、今回はこちらのZOOXのグロウフラグプラグ(glow frag plugs)のAタイプを購入しました。

コーラルフラグプラグ Aタイプは12個入り

しかし、この製品名がまた、”フラグ” と “プラグ” をわからなくさせてくるw

この商品、今回はAタイプを購入しましたが、他にも四角いBタイプと、もう一回り大きい丸型で柄が無いCタイプがあります。

中身はこんな感じで、スポンジに1本ずつ刺さっています。

1つ1つ、スポンジに刺さって梱包されています

円の直径は25mm、柄の長さは20mmです。
円の部分には ZOOX と書いてあるのですが、写真では白で飛んでしまっていますね。

プラグを横から見るとこんな感じ

フラグの作成

それではフラグを作成していきます。

といっても、今回の対象であるシロスジウミアザミもスターポリプも、どちらもサンゴ砂に活着している状態なので、このサンゴ砂ごとプラグにくっつけるだけで大丈夫だと思います。

接着には、100均(ダイソー)で買ってきた、ゼリータイプの瞬間接着剤を使います。
本当はサンゴ用の方がいいんでしょうけどね、、、

4本入って100円。小分けになっているので、使いやすいです。

まずはシロスジウミアザミから。

プラグに瞬間接着剤を付けて、

なるべく真ん中に

サンゴ砂部分をくっつける。

シロスジウミアザミに直接くっついちゃったかと思いましたが、ギリギリセーフ

この瞬間接着剤は水の中に入れればすぐに固まるので、軽く押してサンゴ砂が接着剤にくっついたら、このまま水槽に入れちゃいます。

今回は底砂にぶっ刺しておきました

続いて、スターポリプも同じ要領で、接着させていきます。

瞬間接着剤を付けて
スターポリプをくっつけて
底砂にぶっ刺す!

今回はサンゴ砂に活着した状態だったので、とっても簡単でした。

普通はソフトコーラル(ウミキノコとか)の場合、サンゴ用の接着剤じゃないとヌメリ成分のせいでくっつかないみたいな話も聞くので、ちゃんとした接着剤もいつかは買わないとな。。

また機会があれば、フラグ作りにチャレンジしてみようと思います。

Let's share this article!