Do not live to eat!

初めての生き物

前回の記事でも書いた通り、ライブロックからはまったく生き物の気配を感じれず、1 週間が過ぎました。
たまーにこちらの試験紙を使って亜硝酸塩と硝酸塩を確認しているのですが、どちらも真っ白でした。
この試験紙は、左から硝酸塩、亜硝酸塩、カルシウム、KH、pHが測れます。
あまり精度は高くないみたいですが、なんとなく見るくらいなら値段も安いのでおすすめです。
ちなみに1枚を半分に切れば、2倍使えます。
試験紙

硝酸塩が上がらない

ろ過が立ち上がったかどうかは、硝酸塩が検出されるようになったかどうかがポイントだと思うので、硝酸塩のところがピンクになるまで、もうしばらく待ちですね。

が、動きの無い水槽を眺めてるのにもだいぶ飽きてきたので、このタイミングで初の生態を投入することにしました。
今日はその時の話をします。

初めての生体

初めての生体もCharmで注文しました。
もちろん、さっき書いた通りでまだろ過は立ち上がっていないので、魚ではなくてどんなところでも生きていけそうなやつを選びました。

あと、通販で生体を買うのってどんな感じなのかイメージしておきたかったというのもあります。
ほんとに生きて届くのだろうかという心配があったのですが、Charm ではちゃんと時間帯指定でしっかり送ってくれます。
午前中に届くように注文すると、前の日の夕方くらいに発送の連絡が来て、ちゃんと午前中に届きました。

で、実際に届いた荷物がこちらですが、ライブロックと同様、段ボールの中に発泡スチロールの箱があり、その中にホッカイロと新聞でくるまれた生体が入っていました。
(ちなみに右にいるのは、次女です。)

charmからの荷物

charmからの荷物の中身

普通、生体を入れる時は水合わせやら何やらするみたいなのですが、今回購入したやつらはたぶん必要ないだろうという独断と偏見で、温度合わせ(水槽にプカプカ)だけ適当にやってぽちゃんと投入しました。

温度合わせ中

では、早速ご紹介していきましょう。

マガキガイ

まずはこちらのマガキガイというやつです。
マガキガイ

海水水槽では定番のお掃除貝みたいで、結構入れてる方を見かけますね。
あんまりたくさん入れると、エサになるコケが足りなくなって餓死してしまうみたいなので、2匹購入しました。
象みたいに鼻(ほんとは口)を伸ばして、そこら中ひたすら掃除しててくれてますが、お世辞にも見た目は美しくはないです。

ただ、すっごく鼻を伸ばしたり、岩に頑張って登って落ちたり、お互いに掃除しあったりと、愛嬌があって見ていて飽きないです。
ちなみに夜は砂に潜って寝ます。
これからの掃除っぷりに期待です。

ハナビラタカラガイ

次にハナビラタカラガイです。
なんか(マガキガイと違って)綺麗だったので3匹購入しました。
でも、水槽に入れたら結構な速さでライブロックの裏側に隠れてしまったので、写真なしです。
ホントびっくりするくらい速かった。。。

こいつは水槽のガラス面のコケなんかをきれいにしてくれると思っていたのですが、全然そういう貝じゃありませんでした。
しかも、きれいな貝の周りには変な膜が張っているようで、全然きれいじゃなかったです。
いきなり期待を裏切られましたが、よろしくお願いします。

クロナマコ

3番手はクロナマコです。
クロナマコ1

底砂にばくとサンドのパウダータイプを使っている関係で、硫化水素が発生しないように底砂を撹拌してくれるといいなと思っての投入です。
ただ、買っておいてあれですが、こいつだけは素手で触れなかった。。。

水槽に入れてみると、何やら白とピンクの何かが(たぶんおしりから)出てます。
クロナマコ2

おいおいこいつ大丈夫か。。。
いろいろ調べてみたら、ナマコは危険を感じると自分の内臓を出すんだとか。
というわけでこれ、内臓みたいです、いきなりグロテスクなやつでした。

水が汚れてしまってもあれなのですぐに回収しました。
ちなみに顔のアップです。なんか口の周りにちっちゃい触手みたいなのが何個か付いてます。
クロナマコ3

いやーこいつやばいですね、なんかほんと気持ち悪い
その後、ライブロックをみるみる登って、水槽のガラスにくっつきました。
クロナマコ4

だいぶ想像の斜め上を行くキャラクターですが、しばらく内臓だけは出さないでほしいです。

ユビワサンゴヤドカリとセグロサンゴヤドカリ

最後は、サンゴヤドカリ2種類まとめて紹介します。
//ユビワサンゴヤドカリ
ユビワサンゴヤドカリ

//セグロサンゴヤドカリ
セグロサンゴヤドカリ

セグロサンゴヤドカリはただの石にしか見えないですが、ちゃんと生きてます。
足は赤色で、ダースベーダーっぽいです。いずれどこかで改めて紹介します。
ユビワサンゴヤドカリのほうが一回り大きいです。貝殻だけかもしれないですが。
Charmで購入すると、ワンサイズ大きい引っ越し用の貝殻も付けてくれるのですが、袋から出してバケツの中に放しておいたところ、2匹とも早速引っ越ししてました。
環境変わるタイミングで引っ越しすることも多いみたいです。

ヤドカリ達はライブロックのコケ取りとして投入しています。

一応、全員元気にしているはずです。たぶん。
今回は以上です。それでは。。。

Let's share this article!