Do not live to eat!

ぱくぱくウミアザミと初めてのカクオオトゲキクメイシを購入

いつもTwitterを見ながら、いつか @REEF-TRIGGER さんでサンゴを買ってみたいなと思っていましたが、ようやく念願が叶いました。
というわけで、タイトルのとおり、今回は新しく購入したサンゴのお話です。

注文は Twitter から

いつものように空いた時間に Twitter を眺めていると、@REEF-TRIGGER さんがぱくぱくウミアザミを入荷したよとツイートされていました。

ウミアザミはだいぶ前にCharmで小さいものを購入したのですが、あまり調子が良くなったことはなく、いつの間にか行方不明になってしまいました。
しかし、奇跡的にライブロックの隙間からウミアザミの一部が見つかり、再び飼育を始めます。(発見したあたりで書いたブログは こちら)

しかし、新水槽に移行した後しばらくの間プラグを底砂直挿しにしていたせいで何度もマガキガイに倒され、完全に機嫌を損ねてしまったせいか、そのまま消えてしまいました。
こちらは風前の灯状態のウミアザミです。(可愛そうだったのでライブロックの上に移しましたが、時既に遅し)

ウミアザミ
以前はぱくぱくしていましたが、
この頃にはまったくぱくぱくしなくなりました

そんなわけで、ウミアザミはいつかまたリベンジしたいと思っていたところでした。

そんな折の @REEF-TRIGGER さんのツイートだったので、サイズ感さえ合えばぜひ欲しいと思い、即DMしました。

僕は Twitter 初心者おじさんで、普段も大してツイートしないので、実はこれが人生で初めてのDM。
憧れの @REEF-TRIGGER さんに失礼が無い文章になっていないか心配しながら、何度も何度もチェックして、手に汗握りながらの初DMでした。

値段やサイズを教えてもらい、うちの水槽にも入れられそうだったので、DMで買いたい旨をお伝えしたところ、なんとそのまま Twitter で購入手続きまでご対応いただけました。(毎回返信も早くてびっくりしました)
前々から気になっていたカクオオトゲキクメイシも一緒に注文させていただき、最近はほんとに便利な世の中だなぁと、初心者おじさん大変感動いたしました。

ウミアザミとカクオオトゲキクメイシの到着

次の休みである土曜日、まだ来ないかなー、早く “アレ” が見たいと首を長くして待っていましたが、ようやくお昼頃に到着しました。

私が見たかったのは、そう、これです。

REEF-TRIGGERさんの完璧な梱包
このREEF-TRIGGERさんの完璧な梱包が見てみたかった

Twitter民が歓喜する完璧な梱包!
この紙の下もたっぷり新聞紙などが入っていて、生体が入った袋は1ミリも動かないほどに完璧に収まっていました。
※うちは新聞とっていないので、掃除の時とか何かと役に立つので全部取っておきます。

それから、生体の袋。
こちらもしっかり梱包されてますし、REEF-TRIGER 的な感想というかアドバイスがあって、とても親切です。

生体の説明
お店の人から直接、この個体についての飼育のアドバイスがあるのは嬉しいですね

と、この日は寒かった(たしか前の日より5℃くらい最高気温が低い)のと、既にお昼ということもあったので、さっさと水槽に入れる準備をしていきます。

Coral RX Pro を使ってサンゴの薬浴をしてみる

前々から、サンゴも薬浴してから水槽に入れないとなと思いつつ、何もせずに入れてしまっていましたが、ようやく Coral RX Pro というものを買ってみたので使ってみることにしました。

サンゴの薬浴剤 Coral RX Pro
サンゴの薬浴剤の Coral RX Pro

この Coral RX Pro はヒラムシやらウミウシやら、サンゴに有害な生物を撃退してくれる効果があります。

Coral RX Pro の効果
Coral RX Pro は害虫除去剤

使い方は簡単で、買ってきたサンゴと袋の中の海水をバケツにあけて、海水4Lに対して Coral RX Pro を30滴入れます。
キャップがスポイトになっているので、入れるのも簡単。

そのまま15分くらい置いておくのですが、水流があったほうがポリプ全体に成分が行き渡るので効果が良いらしく、水中ポンプを入れるといいみたい。
僕は海道河童の水揚げポンプを使いました。

時間が経ったら別の容器に水槽の飼育水を入れ、サンゴは別容器側に移して、さらに15分ほど待ちます。
時間が経過したら水槽に入れてOKなのですが、バケツの中でサンゴをよく振って害虫達を落とすと、より害虫を水槽内に持ち込まなくできるようです。

これまでの印象から REEF-TRIGGER 産のサンゴは絶対に完璧なので、薬浴なんてしなくてもいいんじゃないかと思いましたが、せっかくなので Coral RX Pro を使って上記の手順で薬浴しておきました。
案の定、サンゴを振っても害虫は落ちてこなかったので、品質もさすがとしか言いようがありません。

薬浴も終わったので、次は水槽内にサンゴを入れます。

カクオオトゲキクメイシを配置

今回購入したカクオオトゲキクメイシはフラグですが、うちにはフラグラックはありません。

フラグラックが無いのにフラグサンゴを買った場合、皆さんどうやってサンゴを配置しているのか気になっているのですが、僕はべっぴん珊瑚のプラスチック縛弾を使ってプラグをそのままライブロックにくっつけています。
(べっぴん珊瑚のプラスチック縛弾については こちらのブログ で書いています)

カクオオトゲキクメイシのフラグ
入海直後のカクオオトゲキクメイシ

まだ照明が点いていないのですが、素の色合いはこんな感じ。

1時間もすると見ての通り、ぷっくりしてきました。

カクオオトゲキクメイシのフラグ
入海1時間後のカクオオトゲキクメイシ
だいぶふっくらしました

さらに1時間もすると完全に膨らみましたね。

カクオオトゲキクメイシのフラグ
入海2時間後のカクオオトゲキクメイシ
ふわふわです

ちなみにこのフラグは1株(ポリプ)として販売されていたのですが、メインのポリプの下から子株が全部で5個も出ていて、実質6ポリプで大変お得でした!

カクオオトゲキクメイシ
手前側は下からポリプが3つ出てきています
カクオオトゲキクメイシのフラグ
裏側からは小さめのポリプが2つ出ています

逆に成長盛りでかなり状態が良いものが届いてしまったので、ある意味プレッシャーを感じますが、この状態をキープできるよう努めたいと思います。

ぱくぱくウミアザミの配置

ウミアザミは小さめのライブロックに活着したものを送っていただきました。
照明はカクよりは強めが良さそうとのアドバイスだったので、なるべく上の方になるように配置しました。
こちらも接着にはプラスチック縛弾を使いました。

ぱくぱくウミアザミ
入海直後のウミアザミ

こちらは2時間後の写真で、気持ちポリプが伸びてきたように感じます。

ぱくぱくウミアザミ
入海2時間後のウミアザミ
ポリプがギュッとしていた感じが無くなってきました

さらに何時間かすると、少しぱくぱくしてきました。

5日もすると水槽にもだいぶ慣れたのか、結構ぱくぱくするようになってきました。
無事馴染んでくれたようで一安心。

どちらの水槽もこれからの成長が楽しみなので、しっかり育てていこうと思います。

最後になりましたが、@REEF-TRIGGER さん、すばらしいサンゴ達をありがとうございました!
これからもちょこちょこお世話になりたいと思っていますので、今後とも宜しくお願いいたします。

Let's share this article!