Do not live to eat!

ウィスカーズコーラルがスターポリプに侵食され、共肉が衰退した件

うちの水槽の最古参サンゴであるスターポリプ。
とにかく成長が早く、たまに間引いてはいるものの、気づいたら他のライブロックにまで足を伸ばしており、今ではスターポリプが付いていないライブロックは無いほどに。
今日はこのスターポリプがさらに成長したことで、ウィスカーズコーラルがやられかけてしまった話です。

2019年1月時点でのスターポリプとウィスカーズコーラル

まずは少し前の状態を見てもらおうかと思います。

見ての通り、今年の1月時点ではウィスカーズコーラルは元気いっぱいで、ポリプもしっかり咲いていました。
もりもりです。

写真ではわかりにくいですが、ところどころ蛍光色が出ていてきれいです

このウィスカーズコーラルはCharmで購入したのですが、最初は4ポリプくらいしかなかったものなので、約1年でかなり成長したなと思います。
# 導入時の記事は こちら です

入海当初のウィスカーズコーラル
家に届いて水槽に入れたばかり。半分も咲いていませんが、ポリプは4つくらいでした

で、もう少し引き気味の写真で見てみると、近く(写真左側)にスターポリプが生えているのがわかるかと思います。
さらに右側にもうっすら生えているのが見えますね。

ウィスカーズコーラルのすぐ近くに生えるスターポリプ
よく見ると、スターポリプのランナーがもう真下まで迫っています

2019年3月時点でのスターポリプとウィスカーズコーラル

そしてこちらが、その2ヶ月後。

スターポリプに覆われるサンゴ一同
右側(ウミキノコの上あたり)にあるのがウィスカーズコーラル

すっかりライブロックが覆われて、ウィスカーズコーラルの周りはすべてスターポリプになってしまいました。
2ヶ月前とくらべるとウィスカーズコーラルのポリプの咲き具合がイマイチだったのですが、よく見たらウィスカーズコーラルの一部にまでスターポリプのランナーが活着していました。

上から見てもこんな感じで、スターポリプの繁殖具合がわかるかと思います。

スターポリプに覆われるサンゴ一同
ライブロック一面がスターポリプで覆われています

なお、写真中央上のナガレハナサンゴもスターポリプに囲まれていますが、ナガレハナサンゴの毒性が強いせいか、ナガレハナのポリプの下にはスターポリプは生えていません。
ウィスカーズコーラルの毒性もそれなりに強いのかなと思っていましたが、ランナーが活着していたことを考えると、毒性はスターポリプより弱いのかもしれません。

ウィスカーズコーラルのフラグ化

ようやくウィスカーズコーラルが危機的状況であることに気づき、急遽対処することに。

ただ、ライブロックから外したところで、他のライブロックもすでにスターポリプだらけなので、またすぐに外さなければいけなくなってしまいそうです。
なので、ひとまずプラグに接着することに。

今回もおなじみのZOOXのプラグを使用しました。

ただ、ウィスカーズコーラルもそれなりに大きくなっているので、このAタイプではギリギリのところでした。
で、こちらがそのウィスカーズコーラルなのですが、片側はすっかり共肉が衰退してしまっていて、骨格がかなり露出してしまっていました。
もう少し早く気づいていれば。。。

ポリプが衰退したウィスカーズコーラル
手前側はもうポリプが衰退してしまっていて、骨格が露出していました
骨格が露出したウィスカーズコーラル
よく見ると露出した骨格の奥に少しだけポリプが残っているようにも見えます

ただ、この反対側はまだ共肉がわりと残っていました。
全盛期ほどのボリューム感はありませんが、これならきっと復活してくれると思います。

反対側はまだぷくぷくしたポリプが残っています

また少し時間が経ったら、経過をまとめたいと思います。

Let's share this article!