Do not live to eat!

ウィスカーズコーラルに復活の兆し

今回は久しぶりにウィスカーズコーラルの話です。

共肉の衰退がひどかった頃のウィスカーズコーラル

以前に こちら のブログにも書きましたが、ウィスカーズコーラルの周りがスタポ畑になってしまった際に、ウィスカーズコーラルの共肉がかなり衰退してしまいました。

下の写真は今年の3月頃のものですが、完全に周囲をスターポリプに囲まれていました。

ウィスカーズコーラル
ナガレハナの右、ウミキノコの上がウィスカーズコーラル
スターポリプに囲まれるウィスカーズコーラル
ウィスカーズコーラルは周囲を完全にスターポリプで囲まれてしまっています

一見写真ではナガレハナサンゴも周囲をスターポリプに囲まれているように見えますが、持ち前の強い毒のおかげでポリプの下にはスターポリプは生えてきていません。

一方で、ウィスカーズコーラルはどうだったかというと、ウィスカーズコーラルの骨格部分にまでスターポリプが成長してきてしまっていました。
どうやらウィスカーズの毒はスターポリプより弱いようです。

下の写真はライブロックからプラグにウィスカーズコーラルに移し替えた時(今年の4月くらいなので、↑の写真の1ヶ月後くらい)のものですが、共肉が衰退して、骨格がかなり露出してしまっています。
骨格に活着してしまっていたスターポリプはすべてカッターナイフで削りとりました。

共肉が衰退したウィスカーズコーラル
左半分はまだ大丈夫そうですが、下の方から右側は共肉が衰退して、骨格だけになってしまっています。
骨格が露出したウィスカーズコーラル
右側の骨格露出部分
もうほとんど共肉は残っていないようです

そして、この後1ヶ月くらいはプラグを底砂に直挿し状態で過ごしたので、スターポリプからの影響を受けない状態で、新水槽に切り替えとなります。

新水槽に切り替わってからのウィスカーズコーラル

こちらは、新水槽に移し替えた直後(5月頃)の写真なので、↑の写真からさらに1ヶ月が経過した頃です。
衰退していなかった側はしっかりポリプが開いていますが、衰退してしまった側は相変わらず寂しい状態です。

新水槽のウィスカーズコーラル
衰退していなかった側
相変わらず骨格が露出しているウィスカーズコーラル
衰退してしまった側は相変わらず骨格が露出しています
でも、すこし共肉が戻ってきている気がしなくもない

そしてさらに1ヶ月後(6月)はこんな感じ。
プラグを直差しにしていただけだったので、マガキガイに倒されまくりでしたが、その影響でウィスカーズコーラルの向きが変わってしまっています。

なので以前の写真と比較しにくい上に、衰退してしまった側の写真が無いのではっきりしませんが、明らかにポリプの数は増えているようです。

復活してきたウィスカーズコーラル
だいぶポリプの数も大きさも良くなってきた気がします
よく見ると、露出した骨格から小さなポリプが出てきているようです

が、よーくウィスカーズコーラルの根本を見てみると、、、

復活のスターポリプ

またスターポリプが生えてきていました。
信じられないくらいの生命力です。

せっかくウィスカーズコーラルの調子が戻ってきたのに、またスターポリプに覆われてしまっては困るので、再度カッターナイフで削っておきました。

さらに1ヶ月が経過して7月。
プラスチック縛弾 で接着したばかりだったので、ポリプの咲きはイマイチですが、下の部分以外はポリプが出ています。

ウィスカーズコーラル
マメスナ
ピントがマメスナになってしまっていますが、上から見たウィスカーズは共肉が衰退しているようには見えません

現在のウィスカーズコーラル

そして、現在。
↓の写真はさらに1.5ヶ月が経過した、昨日のものです。

ウィスカーズコーラル
満開ではないですが、ポリプの数は更に増えました
ウィスカーズコーラル
端っこの部分はまだ少し骨格が出たままですが、4月頃に比べるとだいぶ共肉が復活しました

見てのとおりで、完全に骨格が共肉で覆われたわけではないですが、露出部分はかなり減り、ポリプの数は増え、1つ1つのポリプも大きくなりました。

しかしこのウィスカーズコーラル、いろいろなショップでよく見かける、枝が長く伸びる感じに全然育ちません。
骨格の形成に必要な栄養が水槽内に不足しているからなのかな。
それとも単にそういう種類なのか?

いずれにしても、このままなら順調に育ってくれると思うので、これからの成長も観察していこうと思います。

Let's share this article!