Do not live to eat!

いざWordPressテーマ作成!の前の勉強や必要なスキルについて考えてみた

さて、前回書いた下書きを基にテーマ作成に取り掛かろうかなと思ったのですが、なにぶん技術的にアレなので、復習が必要かなと思っています。
新しいWordPressテーマを作るにあたって何が必要でどんなことができる必要があるのか、改めて考えてみました。

今の技術力について

以前にどこかで書いたかもしれないのですが、僕はSE的な仕事はしているものの、普段からプログラミンをガシガシやっている人ではなく、大学も情報系出ているわけではないので、ほぼ素人と思っていただければと。
30歳過ぎて(先日31歳になってしまった)プログラミング全然できないので、エンジニアの端くれとして本当に恥ずかしいし、この先エンジニアとして生きていくにあたっては不安しかないのですが、どうにか食らいついていくためにこのあたりでほんと頑張らなければいけないんだよな。。。

まぁ、僕の不安とかはひとまず置いておいて、今使っているWordpressテーマを作ったときは、ドットインストールで勉強してから臨みました。
どの項目を勉強したかは正確には覚えていないんですが、HTMLとCSSの基本的なやつと、実践的なWebサイトを作ろう!みたいなやつはやったと思います。

その後に、下の本を読んで、実際に手を動かして、どうにかWordPressテーマを作成しました。

そして作ったのが今のWordPressテーマです。
HTML/CSS/WordPressだけなので、JavaScriptには一切手をつけていません。

何を勉強する必要があるか

これまでやってきたのは上の通りなのですが、前回勉強したはずのHTML、CSS、WordPress(PHP)は基本的な使い方とかはなんとなく覚えているものの、どんなタグ、プロパティ、関数があるのかなどはもはや忘却の彼方で、今ここで作ってみろと言われたら何一つ作れるきもしない。
なので、前回やったものも一通り復習が必要です。

それから今回は、メニューボタンを展開したりとか、ページに動きをつけたいので、JavaScriptは必須。
さらにJavaScript使うならjQueryも勉強して置いたほうがきっといいし、そこまでくるとBootstrapもやったいたほうがいいかなと思っています。

たぶんここまでやれば、ひとまずは大丈夫かな。
ホントはPhotoshopとかも使えたほうがいいんだろうけど、考えなかったことにする。

どうやって勉強するか

前回はドットインストールを使って勉強しました。
ドットインストールは無料でいろんなプログラミングスキルを学べるので非常に良いサービスですね。
説明はすっごく早口ですが、1単位3分くらいの動画に収めてくれているので、空いた時間にちょっとやるにはもってこいです。

が、やはり自分の手元で手を動かしながら(実際にコードを書いたりしながら)じゃないと、全然身につかないです。
そして早口なので、実際は3分にかなりの情報量が含まれているので、一個一個理解しながらやると、全然3分じゃ終わらないw
だいたい、1単位30分くらいかけていた記憶がありますが、基礎を学ぶには十分だったと思います。
上にあげた内容なら一通り学べるはず。
ただ、やっぱり手元で動かしながらやるというのがちょっと手間で、しっかり時間を取って学習に臨む必要があります。

で、最近知ったのが、Progateというサービス。
これも無料で使えて、ブラウザの中でコードを打ち込んで進めていけるので、こっちのほうが手軽にやれそう。
そんなわけで、今回はProgateを使ってみようと思います。
もし、Progateにないものがあれば、ドットインストールも併用する感じでできればと。

順番的には HTML/CSS -> JavaScript -> jQuery -> Bootstrap かな。
よし、頑張ろう。

Let's share this article!